タッチタイピングを習得する方法【ブラインドタッチ】

※この記事は「2021年3月24日」に更新しました。

今回の記事は、タッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得する方法について。

なぜ、このような記事を書こうと思ったかと言うと、長年、ブログを書き続けていて、一番重要なスキルだと思っているからです。

最近だとスマホでブログを書いている方もいますが、長文を最短で入力するにはどうしてもパソコンが必要になります(フリック入力でも速い人はいます)。

キーボードでテキストを入力するときに、このスキルがあれば、長文を打つことも苦になりません。

もちろんスピードが速くなり、時短効果もあります。

私のようにブログを書き続けていきたい方は習得しておきたいスキルです。

練習すれば、誰でも以下の入力速度くらいにはなります(頑張れば、もっと速くなります)。

タイピング入力速度

それでは見ていきましょう。

タッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得する方法

タッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得する方法

それでは、タッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得する方法を紹介していきます。

実は、私も大学4回生の頃にやっと本格的にパソコンを使い始めたというレベルだったので、昔からパソコン操作が得意だったわけではありません。

そのときは片手でタイピングするというレベルだったのですが、半年間しっかり練習して、タッチタイピングを習得しました。

毎日時間を決めて少しずつやるのが理想です。

私がやってきた方法を紹介するので参考にしていただければ幸いです。

タイピングソフトを使って練習する

タッチタイピングを習得するには、タイピングソフトを使って練習するのが一番近道だと思います。

私は、ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド(THE TYPING OF THE DEAD)という名作でひたすら練習していたのですが、このソフトは残念ながら販売終了しています。

そこで、他のソフトで実際に調べたり、使ったりして、わかりやすいものをピックアップしました。

特打ヒーローズ 名探偵コナン

特打ヒーローズ 名探偵コナン Collection(最新)|Win対応

新品価格
¥2,200から
(2020/3/5 00:14時点)


特打(とくうち)シリーズは、ソースネクストのタイピングソフトです。

私が学生の頃(10年以上前)も有名で実際使ったこともあります(ガンマンが出てくるやつ)。

歴史もあるので、非常に使いやすいと思います。

特打ヒーローズ 名探偵コナン は、大人モードと子供モードもあるみたいなので、家族でも楽しむことができます。

アニメの声優さんも登場するので、ファンにはたまらない仕様になっています。

タイピングソフトが少なくなっている昨今、Windows 10 対応の貴重なソフトです。

e-typing(イータイピング)

e-typing(イータイピング)は、ブラウザを使って、練習ができるサイトです。

無料でプレイすることができるので、誰でも気軽に練習できます。

メンバー登録をすれば、専用カルテを作成することもできます。

ちなみに管理人がイータイピングで腕試しした記事は、以下の通りです。

e-typing(イータイピング)で腕試し【評判・感想など】

e-typing(イータイピング)で腕試し【評判・感想など】

2021年3月16日

MIKA TYPE(ミカタイプ)

MIKA TYPE(ミカタイプ)は、学校教育用に作成された有名なフリーソフトです。

昔からあるソフトなので、ゲーム性やグラフィックはお世辞にも良いとは言えません。

しかし、タイピングの基礎は視覚的に学ぶことができるので、利用しない理由はありません。

私はこのソフトも使ったことがあり、ひたすら日課のようにやっていました。

ミカタイプのダウンロード方法は、下記記事をご参照下さい。

【無料でタイピング】ミカタイプをダウンロードする

【無料でタイピング】ミカタイプをダウンロードする

2020年5月9日

タイピングソフトを使う前に

タイピングソフトを使う前に、タッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得するコツのようなものを紹介しておきます。

  • ホームポジションをまず覚える
  • 上一段、下一段、数字を覚える
  • 決まった指で決まったボタンを打つ
  • なるべくキーボードを見ないようにする
  • スピードよりも正確に打つことを意識する

以上です。

ホームポジションをまず覚える

ホームポジションをまず覚える

1番目のホームポジションをまず覚える。

これが基本中の基本です。

キーボードの真ん中を見ると以下のようにボタンが並んでいます。

ASDFGHJKL

その中で、Fキーと Jキーには、凹凸があるので、さわっていて感触でわかるかと思います。

つまり、Fキーを左手の人差し指、Jキーを右手の人差し指にのせることで見なくても他の配置がわかるというわけです。

上一段、下一段、数字を覚える

上一段、下一段、数字を覚える

ホームポジションを覚えたら、上一段、下一段、数字を覚えます。

一段一段、練習して、ボタンの配置を覚えていきます。

決まった指で決まったボタンを打つ

決まって指で決まったボタンを打つ

3番目は、決まった指で決まったボタンを打つということです。

初心者の頃は、どうしてもホームポジションから大きくずらして、タイピングしてしまいがちです。

パソコンのキーボードはホームポジションからそれほど移動しなくてもタイピングできるようにつくられています。

ホームポジションから大きくずらしてしまうと戻るのが難しくなり、タッチタイピングがしづらくなってしまいます。

大抵のタイピングソフトは押さえる指も表示してくれるので、指示通りに練習すれば問題ありません。

なるべくキーボードを見ないようにする

4番目は、なるべくキーボードを見ないようにするということです。

最初は見ても構いませんが、ホームポジションを覚えたら、なるべく見ないようにして下さい。

スピードよりも正確に打つことを意識する

最後は、スピードよりも正確さを意識するということです。

最終的には、スピードも必要ですが、いくら打つのが速くてもミスが多ければ意味がありません。

正確さを意識して、頭でなく感覚で打てるようになるまで練習しましょう。

最後に【タッチタイピングについて】

いかがでしょうか。

タッチタイピング(ブラインドタッチ)は、正しい方法でコツコツやっていけば、誰でも習得できます。

特にブログをやっていきたいと考えている方は、習得していないと大変なので、練習することをおすすめします。