1位になれる分野で勝負するメリット

※この記事は「2021年8月25日」に更新しました。

今回は、1位になれる分野で勝負するメリットについて。

  • なぜ、1位を目指すのだろうか?
  • 2位だとダメなのか?

このように考えたことはないでしょうか?

WordPress(ワードプレス)歴、約10年の管理人が解説します。

1位になれる分野で勝負するメリット

1位になれる分野で勝負するメリット

1位になれる分野で勝負するメリットは、以下の通りです。

  • 2位以下にはない信用を獲得できる
  • 2位以下にはない影響力を獲得できる

順番に解説します。



2位以下にはない信用を獲得できる

業界で 1位になるということは、それだけで信用になります。

例えば、世界で 1番売れているセキュリティソフトは、セキュリティソフトの性能にそこまで詳しくない人も購入します。

これは、世界で 1番売れているから、開発しているところを信用しているということです。

2位以下になってしまうと、やはり 1位ほどの信用は獲得できません。

2位以下にはない影響力を獲得できる

業界で 1位になると、その分野で大きな影響力を持つことになります。

注目されますし、優秀な人材も集まります。

当然、宣伝もされやすくなります。

どんなに良い商品を開発しても、伝わらなければ売れない

どんなに良い商品を開発しても、ユーザーに伝わらなければ、売れません。

商品を購入する人の全てが、その商品について、熟知しているわけではないのです。

私も開発よりの仕事から販売の仕事に転職したとき、最初は以下のようなことを思っていました。

  • こんなことで売れるのか
  • 私だったら買わない

価値観は人それぞれで、開発している人はニーズを正しく理解して、適切な売り方をする必要があるのです。

どれだけ凄い機能を開発したとしても、ユーザーに理解されなければ意味がないのです。

2位以下でも質の良い商品はたくさんある

2位以下でも質の良い商品はたくさんあります。

ただ、良いところが上手くユーザーに伝わっていなかったりして、1位になっていないこともあります。

もちろん、単純に品質の問題で売れていないこともあります。

しかし、高品質な製品が世の中に知られていないとしたら、それはもったいないことです。

ランチェスターの法則について

中小企業(2位以下)が大企業(1位)に勝つためには、ランチェスターの法則を理解することが重要です。

細かい説明は省きますが、どんな市場でも良いので、1位を目指すことです。

市場を細分化し、自分が 1位になれる領域、ターゲット、商品で戦うということです。

大企業の歴史を調べてみると、最初は小さく始めていたり、意外な商品を扱っていたりすることも珍しくありません。

どんな企業でも最初は小さなことから始めているのです。

最後に

いかがでしょうか。

今回は、1位になれる分野で勝負するメリットについて、解説しました。

認知されることのメリットは、私たちが思っている以上に大きいです。

売上競争になると、業界1位というだけで圧倒的に有利です。

ただ、悪い方向にこの力が働いた場合、諸刃の剣となって、自分に返ってくることもあります。

守りも大事なので、十分に気を付けましょう。