成功体験を積む方法【自信と成長につながる】

※この記事は「2020年11月8日」に更新しました。

今回は、成功体験を積む方法について。

何か新しいことに挑戦するときにこんな経験をしたことがないでしょうか?

  • どうしても人と比べてしまう
  • すぐに挫折してしまう

私は何度か転職を経験し、その度に信用を築くことをしてきました。

もちろん、失敗も多いですが、成功体験もいくつか積んできました。

なかなか前に進めないという方のために解説してきます。

成功体験を積む方法

成功体験を積む方法

成功体験を積む方法は以下の通りです。

  • できる人を観察して真似をする
  • 具体的な目標を設定する
  • あまり深刻に考えない

順番に紹介していきます。



できる人を観察して真似をする

できる人を観察して真似をするのは、一番簡単な成功体験の作り方です。

真似をするのに抵抗がある人もいるかと思います。

しかし、具体的な成功体験が身近にあるのに、真似をしないのはもったいないのです。

差別化しないといけないと思って、オリジナリティを出してみたけど、なかなかうまくいかないというのはよくあることです。

具体的な目標を設定する

具体的な目標を設定することも成功体験を積むために必要なことです。

ここで注意することがいきなり大きな目標を設定しないことです。

小さな目標を段階的に設定していき、達成していくことがコツです。

紙に書いたり、テキストとして保存したり、とにかく定期的に見返すことができるようにして、意識することが重要です。

あまり深刻に考えない

ポジティブ思考と書きたいところですが、ネガティブな感情があるのに、無理矢理前向きに考えるのはあまり良くありません。

まず、現状を受け入れて、あまり深刻に考えないことが大切です。

私がよくやる方法は、成功パターンと失敗パターンを共に想定して、心の準備だけしておくということです。

これだけでも大分楽だと思います。

  • 私が失敗するはずがない
  • 失敗したら終わりだ

このように考えると失敗したときの精神的なダメージが大きいです。

失敗しても成功しても自分なりに理由を分析すれば、人は成長するものです。

つまり、新しいことに挑戦している時点で、成長への道は確定しているといっても過言ではないのです。

成功体験は自信と成長につながる

成功体験は自信と成長につながります。

何でも前向きに物事を考えることができるようになり、困難なことも乗り越えやすくなります。

この成功体験というのは、人それぞれで結局のところ自分しかわからないものでもあります。

同じ経験をしても失敗と捉える人もいれば、成功と捉える人もいます。

つまり、考え方のようなものなのです。

私は何度も転職をして、フリーターをやりながら、ブログを収益化して生活しています。

おそらく大学時代の同級生から見れば、私は失敗していると思われても仕方がないのかもしれません。

ただ、私は何度も転職した結果、開発者視点と顧客視点、どちらも深いところまで考えることができるようになったと思っています。

SE や Web制作の経験がなければ、インターネットの集客に興味を持たなかったかもしれません。

販売の経験がなければ、アフィリエイトでもっと苦労していたかもしれません。

これらの経験は私にとって、かけがえのないものです。

  • 素直であること
  • 謙虚であること

この二つを忘れてはいけませんが、自分が人よりも劣っていると思ったことは一度もありません。

最後に

いかがでしょうか。

今回は、成功体験を積む方法について、解説しました。

どんな些細なことでも学ぶ姿勢で挑戦していけば、人は成長していきます。

小さな成功体験を積み重ねて、大きな目標にチャレンジしていきましょう。