副業と本業、どっちで稼ぐ?【働き方を考える】

※この記事は「2021年3月7日」に更新しました。

今回は、副業と本業、どっちで稼ぐかという話。

私は、正社員をある程度経験し、今ではブログやサイト運営を副業として、フリーターをやっています。

  • 副業をしないと生活できない
  • 本業に集中して昇進して、収入を増やす方が良い

おそらく、肯定派と否定派がいるかと思います。

社会人経験10年以上の管理人が解説していきます。

副業と本業、どっちで稼ぐ?

副業と本業、どっちで稼ぐ?

副業と本業、どっちで稼ぐ方が良いか?

結論は、人によります。

私が副業をした方が良いと思う人は、以下の通りです。

  • 生活に余裕がない(お金がない)
  • 何年も同じような仕事をしている

逆に本業で稼いだ方が良い人は、以下の通りです。

  • 今の仕事にやりがいを感じている
  • 同じ会社でも色々な経験をさせてもらっている

まず、どちらにも言えるのが、お金を稼ぐことは簡単ではないということです。

自分でお金を稼いでみると、アルバイトのような時給労働の価値も理解できるかと思います。



副業したい理由を考える

副業したい人は、理由を考えてみましょう。

おそらく、ほとんどの人がお金や生活に余裕がないからです。

もしくは、私のように将来に不安があるからという人もいるでしょう。

副業にも色々な種類があるので、本質的な悩みを自分で理解していないと、本業も副業も中途半端になってしまいます。

私は、仕事(本業)を楽しめていませんでした。

最低、週5日(ひどい時期は週6日)以上、会社へ通勤し、休日は疲れて、自宅でゆっくりすることがほとんど。

たまに余裕があるときだけ外出するといった生活。

贅沢をしているわけではありません。

私はお酒もほとんど飲みませんし、自分なりに仕事に対して、一生懸命取り組んできたつもりです。

車も買えなくて、海外製の原付二種を移動手段にしている時期もありました。

これでお金に余裕がないのは大問題です。

大事なのは、こういった環境に慣れてしまわないことです。

人間は賢いので、ある程度、環境に適応してしまいます。

  • 最初は絶望的だと思ったけど、意外と慣れてきた
  • 会社全体で取り組んでいるから間違いない

その結果、思考停止して、中立的な判断ができないようになってしまうのです。

私はこういった生活から抜け出すために、準備をして、最終的にブログやサイトでアフィリエイトをするという選択をしました。

環境や経験は人それぞれなので、悩みの本質を自分で考えることが大切です。

お金がないときは、まず以下の記事でできることからやっていくことをおすすめします。

お金がないときの解決策【本質を見失ってはいけない】

お金がないときの解決策【本質を見失ってはいけない】

2020年12月12日

楽しんで続けることができる副業で稼ぐ

私のように仕事(本業)を楽しんでいない人にとって、副業を楽しんでやることは重要なことです。

本来ならば、仕事(本業)を楽しんで、生活できた方が良いに決まっています。

しかし、ほとんどの人は以下のように考えています。

  • 休みがたくさん欲しい
  • 早く帰りたい

手を抜いているわけではありませんが、上記のような考えは誰でもあると思います。

もし、副業が楽しめなければ、本業や生活に支障が出ます。

身体を壊してしまえば、余計な出費を支払うことにもなりかねません。

こうなると何のために副業をしているのかわかりません。

ある程度、経験を積んだ人は、時間に大きな価値があることを理解しています。

私は、若いときの時間の価値を理解してませんでした。

お金がない人は時間を大切にしていないことが多いです。

これに関しては以下の記事を見ていただければ、理解できるかと思います。

お金がない人の特徴【過去の自分へ】

お金がない人の特徴【過去の自分へ】

2020年9月29日

最後に【働き方は人それぞれ】

いかがでしょうか。

今回は、副業と本業、どっちで稼ぐかというテーマで記事を書きました。

本業で成功している人は恵まれています。

おそらく、大学時代に将来のことをしっかり考え、自己分析をして、就職活動をした結果だと思います。

会社でもコツコツ実績を積んで、やりたくないこともやってきて、昇進したという人もいるでしょう。

しかし、世の中には私のように本業だとやりたいことができずに、さまよい続けているという人も多いのです。

私は会社員としてお金をいただけるありたがみを理解しています。

それと同時にたくさん人がいる中で連携を上手く取りながら利益を出す難しさも理解しています。

自分でお金を稼ぐというのは、やってみると本当に大変だということがわかります。

特に本業でお給料をたくさんもらっている方は、仕事量や考えることも半端ないはずです。

働き方は人それぞれなので、無理して副業をする必要はありません。

大切なのは、楽しみながら収入を増やすということです。