【Chrome拡張機能】OneTabの使い方

※この記事は「2021年2月22日」に更新しました。

今回の記事は、Google Chrome の拡張機能である、OneTab の使い方について。

ブログを書いているときに調べものをして、情報を集めているといつの間にか Chrome のタブが大量になっているようなことありませんか?

私は以前、タブが大量になって、ブラウザがクラッシュしてしまったことがあります。

また、どのタブがどのページか忘れてしまったこともあります。

しかし、OneTab を使えば、問題解決です。

それでは、解説していきます。

OneTab とは

OneTabを徹底解説

OneTab とは、Chrome のタブを一つのページにまとめて、メモリ使用量も減らしてくれる拡張機能です。

Windows、Mac 共に使えて、Firefox でも使えます。

これを使うと、ブラウザを使って、調べものをするときの効率が格段にアップします。

メモリ使用量に関しては、95%減少させてくれるので、メモリ不足で動作が不安定になることも防いでくれます。

私が何よりも気に入っているのが、一瞬でタブをリスト化して、一覧表示してくれる点です。

視認性が高まり、情報を整理しやすくなります。



OneTab をインストール

OneTab

OneTab は Chrome ウェブストアから無料でインストールすることができます。

Chrome ウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/category/extensions

Chrome に追加する をクリックすれば、インストールできます(※)。

※スクリーンショットは、既にインストール済みなので、評価する になっています。

OneTab の使い方

OneTab の使い方について解説していきます。

タブをまとめる【使い方】

タブをまとめるのは、非常に簡単です。

OneTab をインストールすると、Chrome の URL を入力するところのすぐ右にアイコンがあるかと思います。

タブをまとめる

そちらをクリックすれば、タブが下のようにリスト化されます。

タブをまとめる

ちなみにこのアイコンは、クリックすると、現在あるタブを一つのグループとして先程のようにリスト化してくれます。

つまり、もう一度、別の調べものをして、アイコンをクリックすると、別のグループとしてリスト化してくれます。

タブを復元する【使い方】

タブを復元するには、OneTab のページから すべてを復元する をクリックします。

これで全てのページが復元されます。

一つずつ復元したい場合は、リストを選んで、クリックします。

ちなみに Ctrl を押しながら、クリックすると、リストを残したまま、該当ページを開くことができるので、そちらも合わせて使うと便利です。

タブを削除する【使い方】

タブを削除するのも簡単です。

全て削除したい場合は、OneTab のページから すべて削除する をクリックするだけです。

一つずつ削除したい場合は、リストにマウスのカーソルを持っていくと左に × マークが表示されるので、そちらをクリックします。

ウェブページとしてシェアする【使い方】

  • リンクをまとめたものをシェアしたい

そんなときは、ウェブページとしてシェアする をクリックします。

すると、URL と QRコードが作成されます(インターネット上に公開されるので、慎重に作業してください)。

タブグループに名前を付ける【使い方】

タブグループに名前を付ける

タブグループに名前を付けることもできます。

その他… をクリックして、このタブグループに名前を付ける をクリックします。

するとグループの上の方にカーソルが表示されるので、テキストを入力すると下のような感じで名前を付けることができます。

タブグループをロックする【使い方】

タググループをロックする

間違って削除しないようにタブグループをロックすることもできます。

その他… をクリックして、このタブグループをロックする をクリックします。

ロックすると、リンクをクリックしても、グループからリストが消されることはありません。

タブグループに星を付ける【使い方】

タブグループに星を付ける

通常、タブグループは新しいものから順番に上から並んでいます。

その他… をクリックして、このタブグループに星を付ける をクリックすると星を付けたものが先頭に表示されます。

最後に【Chrome について】

いかがでしょうか。

実は、私が Google Chrome を愛用している理由の半分は、この OneTab が使えるからです。

Windows で使うブラウザは、約10年の間に IE → Firefox → Chrome → Edge → Chrome と変えてきました。

Chrome は、外国語のページも日本語に翻訳してくれるし、速くて快適だし、使っているユーザーも多いです。

デベロッパーツール(F12)も使いやすいので、ブロガーにもおすすめです。