バッチファイルで複数フォルダを開く方法【作業効率化】

※この記事は「2021年10月28日」に更新しました。

バッチファイルで複数フォルダを開く方法について。

私がパソコンを使うときは、ブログを書くことがほとんどです。

作業をしていて、いつも思うのが以下のようなことです。

  • 毎回、特定のフォルダを開くのが面倒
  • 複数フォルダを開くときは、特に面倒

パソコン作業は、マルチで行うことも多いので、このようなことは珍しいことではありません。

バッチファイルをあらかじめ作成しておけば、問題解決です。

タカフミ
記事を書いている管理人の経歴は、以下の通りです。
  • 基本情報技術者資格所有者(ソフト開発の国家資格)
  • WordPress歴、約10年
  • パソコン販売歴、約5年

バッチファイルで複数フォルダを開く方法

それでは、バッチファイルで複数フォルダを開く方法を解説します。

startコマンドを使えば、実現可能です。

以下は、サンプルプログラムです(バッチファイル)。

テキストエディタなどで編集し、拡張子(.bat)で保存すれば、簡単に作成することができます。

@echo off
rem エクスプローラで複数フォルダを開く(最小化)
start "" /min "C:\Users\Owner\Documents"
start "" /min "C:\Users\Owner\Documents\ブログ"
start "" /min "C:\Users\Owner\Pictures"

このバッチファイルを実行すれば、3つのフォルダを一度に開くことができます。

ただし、最後のパスは、あくまで私の環境で指定したものなので、自分が開きたいフォルダに合わせて変更しましょう。

startコマンドは、一つ目のダブルクォーテーションで囲まれたものを窓のタイトルとして認識します。

そのため、何も囲まれていないダブルクォーテーションが引数として指定されています。

/min は、startコマンドのオプションで、指定すると窓を最小化して起動することができます。



フォルダのパスを調べる方法

最後の引数にフォルダのパスが指定されています。

パスというのは、フォルダやファイルの場所を示すものです。

例えば、以下の場合。

C:\Users\Owner\Documents

Cドライブの中にある Usersフォルダの中にある Ownerフォルダの中にある Documentsフォルダということです。

フォルダのパスを調べる方法は、簡単です。

エクスプローラ上でフォルダを右クリックし、プロパティをクリックします。

すると、場所という項目があるので、そこで確認ができます。

プロパティ

ただし、末尾に区切り文字(\)とフォルダ名を指定するのを忘れないようにしましょう。

デスクトップにショートカットを作成して効率化

バッチファイルを作成したら、ショートカットをデスクトップに作成して、すぐに実行できるようにしておきましょう。

パソコン起動後、作業開始のタイミングでバッチファイルのショートカットから実行すれば、すぐに複数フォルダを開くことができます。

バッチファイルのショートカット

最後に

いかがでしょうか。

今回は、バッチファイルで複数フォルダを開く方法について、解説しました。

ちょっとしたことですが、決まった作業を毎日するような場合、それは大きな無駄になってきます。

私のように毎日パソコン作業をする方にとっては、便利なバッチファイルなので、興味のある方は一度お試し下さい。