WordPress で子テーマを作成する方法【カスタム】

※この記事は「2021年11月24日」に更新しました。

WordPress(ワードプレス)をカスタムするときは、子テーマを利用するべきです。

  • アップデートでカスタムした内容が上書きされるのを防ぎたい
  • 頻繁にカスタムするので、親テーマを編集したくない

このような方のために、子テーマを作成する方法を解説します。

タカフミ
記事を書いている管理人の経歴は、以下の通りです。
  • WordPress歴、約10年
  • 基本情報技術者資格所有者(ソフト開発の国家資格)
  • パソコン販売歴、約5年

子テーマを作成する前に

子テーマを作成する前に、本当に必要かどうか確認しましょう。

  • テーマ開発者があらかじめ子テーマを用意してくれている
  • テーマ編集をしない(カスタムしない)

上記の場合、子テーマを作成する必要がありません。



WordPress で子テーマを作成する方法

WordPress で子テーマを作成する方法

WordPress(ワードプレス)で子テーマを作成する方法を解説します。

  1. 子テーマのフォルダを作成する
  2. style.css、functions.php を作成する
  3. 子テーマを有効化する

順番に解説していきます。

子テーマのフォルダを作成する

テーマ開発者が子テーマを用意していない場合、自分で作成する必要があります。

WordPress のテーマは、以下の階層にあります。

wp-content/themas

この階層に、子テーマのフォルダを作成します(親テーマ名-child といったわかりやすい名前を付ける)。

style.css、functions.php を作成する

続いて、style.css、functions.php を作成します。

まずは、style.css から。

/*
Theme Name: 子テーマの名前
Template: 親テーマ名(フォルダ名)
*/

最低限、必要なものが、Theme Name、Template です。

Template に関しては、FTPソフトを使って、wp-content の themasフォルダの中を確認すれば、親テーマ名(フォルダ名)がわかります。

もっと詳しく書くには、以下の項目も追加します。

  • Theme URI:テーマサイトの URI
  • Description:テーマの説明
  • Author:作者の名前
  • Version:テーマのバージョン
  • License:テーマのライセンス
  • License URI:テーマのライセンスのURI

次に、functions.php を作成します。

以下の内容をテキストエディタで記述します。

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
    wp_enqueue_style( 'child-style',
        get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css',
        array('parent-style')
    );
}
?>

functions.php は、重要なファイルなので、文字コードや改行コードに幅広く対応している、高機能エディタ(サクラエディタなど)で編集することをおすすめします。

子テーマを有効化する

最後に、WordPress の管理画面から子テーマを有効化します。

これでカスタムする準備が整いました。

子テーマを使った具体的なカスタム方法

WordPress(ワードプレス)は、親テーマと子テーマで同じ名前のファイルが存在すれば、子テーマのファイルが優先的に読み込まれるようになっています。

この仕組みを利用します。

例えば、single.php をカスタムしたい場合、single.php を親テーマフォルダから子テーマフォルダへコピーします。

これで、子テーマを有効化している場合、子テーマフォルダの single.php が優先的に読み込まれるようになります。

最後に

いかがでしょうか。

今回は、WordPress(ワードプレス)で子テーマを作成する方法について、解説しました。

HTML、CSS、PHP を学習すれば、WordPress をカスタムすることは可能です(PHP は入門レベルでも問題ありません)。

ただし、ブログ収益化にこういった知識が必要かというと、そうでもありません(役には立ちます)。

今回の内容が難しいと感じた方や最短でブログ収益化を目指したい方は、有料テーマを導入することをおすすめします。

有料テーマであれば、カスタムする必要はほとんどありません。

収益化できた方は、こだわりのブログを完成させて、差別化するのも良いかと思います。