Excel(エクセル)の勉強方法教えます【元エンジニアも独学】

※この記事は「2022年4月25日」に更新しました。

Excel(エクセル)の勉強方法について。

社会人として使えるのが当たり前のような感覚を持っている方もいるかと思います。

その一方でなんとなく使っているけど、以下のような意見を持っている方もいるでしょう。

  • (大学など)授業で使った記憶はあるけど、使いこなせていない
  • 日常生活でほぼ使わない

実は、Excel は使いこなすことができると、本当に色々なことができる便利なソフト(アプリ)です。

私がこのソフトの便利さを実感したのが、社会人になって、1年目の時です。

大学4回生まで、片手でタイピングしているレベルのパソコン初心者から、独学で基本情報技術者資格を取得。

Excel もいっしょに独学していました。

その頃の経験をベースに勉強方法を解説します。

タカフミ
記事を書いている管理人の経歴は、以下の通りです。
  • 基本情報技術者資格所有者(ソフト開発の国家資格)
  • WordPress歴、約10年
  • パソコン販売歴、約5年

Excel(エクセル)を勉強する前に

Excel(エクセル)を勉強する前に、以下の点について理解しておくことをおすすめします。

  • Excel を使って何ができるか?
  • 操作方法だけ覚えても使いこなせない
タカフミ
それぞれ、解説していきます。

Excel を使って何ができるか?

Excel を使って何ができるか、理解しておきましょう。

  • 関数を使った表計算
  • 設計書や仕様書の作成
  • グラフの作成

Excel には、関数というものがあって、入力したデータの合計、平均値、最大値、最小値などを自動計算することができます。

レイアウトが特殊な書類を作成するときも、Word より Excel を使われることが多いです。

計算できる機能もあるので、請求書などを作成するときも便利です。

そして、入力したデータからグラフを作成することもできます。

操作方法だけ覚えても使いこなせない

先程の紹介通り、色々なことができる Excel ですが、操作方法だけ覚えても使いこなせたとは言えません。

むしろ、基礎を理解していないと、効率の悪い使い方をしてしまったり、最悪、他の人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

Excel の本質は、簡易データベースとして使えるところだと思っています。

入力したデータは、別の表から参照することもできます。

  • データの種類
  • 入力する必要があるデータかどうか

こういったことは、最低限意識する必要があります。

Excel(エクセル)の勉強方法

Excel(エクセル)の勉強方法

それでは、Excel(エクセル)の勉強方法をいくつか紹介します。

入門書(本)で勉強する

まず、入門書(本)で勉強することをおすすめします。

本を選ぶポイントですが、特定の分野に特化したものを選ばないことです。

VBA、マクロ、関数辞典などは初心者にとって必要ありません。

MOS(Microsoft Office Specialist)試験の対策テキストなんかも良いかと思います。

MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター)

新品価格
¥2,310から
(2021/12/11 01:34時点)

YouTube で勉強する

最近だと、YouTube のクオリティも上がっているので、動画で勉強するのもおすすめです。

個人的に良かったのが、以下の動画です。

元伊藤忠商事経理部出身、ビジネス教育系 YouTuber 長内孝平(おさ)さんが、現場で学んだ Excel仕事術を紹介しています。

入門書を勉強して、一通り操作方法を覚えたら、一度視聴してみることをおすすめします。

本質的な使い方を理解することができます。

ちなみにこの方は、書籍も出しているので、本で勉強したいという方はそちらをおすすめします。

できるYouTuber式 Excel 現場の教科書 できるYouTuber式シリーズ

新品価格
¥1,568から
(2021/12/11 01:32時点)

Excel(エクセル)が便利かどうかは使い手次第

Excel(エクセル)が使えるという人はたくさんいるでしょうが、本質を理解しているかどうかは、人によって差があると思っています。

初心者は、見た目やテクニックに注目しがちですが、データを上手く扱えるかが重要なポイントです。

仕事でよくあるのが、データを再利用するときに非常に使いづらいというケース。

例えば、担当者が変わって、Excelファイルを開いてみると、よくわからないところでセルを結合していたり、手入力した値と関数が混在していたり。

このようなことが起こらないためにも、以下のようなことを考える必要があります。

  • データの種類は最適か?
  • 印刷する必要があるデータか?
  • 編集、修正がしやすくなっているか?

こういったことを意識することで Excel は使いやすくなっていきます。

MOS の資格取得を考えている方へ

もし、Excel を勉強して、キャリアアップのために MOS(Microsoft Office Specialist)の資格取得を目指したいという方へ。

資格Hacks というサイトを利用すれば、色々調べることができます。

資格Hacks は、資格に関する色々な情報を提供されているサイトです。

タカフミ
私の記事も紹介されています。

資格Hacks
https://shikakuhacks.com/

興味のある方は是非ご活用下さい。

最後に

今回は、Excel(エクセル)の勉強方法について、解説しました。

表計算ソフトは、Excel以外にもありますが、仕事でこれほど使われているソフトは他にないと思います。

それだけ、マイクロソフトの Excel は優秀だということです。

上手に活用して、パソコン生活を楽しみましょう。