ブログに使える時間はどのくらい?【管理人の場合】

※この記事は「2020年6月1日」に更新しました。

今回は、ブログに使える時間はどのくらいかという話。

もし、ブログを真剣に取り組もうと考えている場合、こう考えるはずです。

「どのくらいブログに時間を使えば良いか?」

実際に私も真剣に取り組み始めたときは、どのくらい時間を使うか決めました。

今でも時間を決めて続けています。

ブログに使える時間はどのくらい?

ブログに使える時間はどのくらい?

なぜ、ブログに使える時間を考えるかというと、1日24時間という限られた時間の中でやるべきことはたくさんあるからです。

小さな子どもがいる方は、子どもが寝ている間や自宅にいる空いた時間に作業するということになるでしょうし、会社員の方は仕事が終わってからということになります。

ちなみに現在の私は 1日に 1.5~3時間くらいです。

何年も失敗しながら続けていますが、個人的にはこのくらいがベストだと思っています。

これより短いと内容が薄くなりそうですし、長いと収益化に失敗したときに心が折れそうです。

とにかくコツコツ続けていくのが成功する秘訣です。

ただ、最初からこの時間で書くのは難しいと思います。

毎日更新を半年続けている間に徐々に慣れていき、このくらいの時間まで持っていければ理想だと思います。

もちろん、もっと速く書けるという方もいるかもしれませんが、1日に 1.5~3時間くらいならほとんどの方がスケジュールをおさえられるはずです。

副業で時間がないのは当たり前

副業で時間がないのは当たり前です。

なぜなら、副業だからです。

本業のスキマ時間にやっているわけですから、適当にやっていたら時間は生み出せません。

下記記事でも紹介しています。

サラリーマンはブログで稼げる?【時間がない?】

サラリーマンはブログで稼げる?【時間がない?】

2020年5月27日

では、時間がある人は余裕かというとそうでもありません。

時間を意識していない人は継続できない人がほとんどだからです。



ブログ更新の時短術

私が使っているブログ更新の時短術を紹介します。

パソコンスキルがあれば時短できる

初心者の方がブログ更新に時間がかかるのは、パソコンに慣れていないからです。

タッチタイピング、ショートカットキー、IME単語登録などを使いこなせていない場合があります。

タカフミブログでもこれらについて語っている記事を以前紹介しました。

まずは、タッチタイピング習得を目指してください。

タッチタイピングを習得する【ブラインドタッチ】

タッチタイピングを習得する方法【ブラインドタッチ】

2020年2月17日

これができないと毎日更新が大変になります。

ネタを考える時間は別

ブログを書くにはネタが必要です。

しかし、さあ、ブログを書こうと言って、その段階でネタを考えるようでは遅いです。

あまり効率が良いとは言えません。

私は通勤中や仕事の休憩中など色々なところでブログのネタを考えています。

思いついたものは、スマホにメモします。

テキストエディタを使う

私はブログネタをテキストエディタに書いています。

いきなり、WordPress(ワードプレス)にログインして書き始めるということはしません。

理由は下記記事を見れば、理解していただけるかと思います。

なぜ、テキストエディタを使った方が良いか【Windows】

なぜ、テキストエディタを使った方が良いか【Windows】

2020年2月25日

二度手間に思うかもしれませんが、この方が速いはずです。

時間をかけるべきところにはかける

時短時短と言ってきましたが、記事構成まで時短してはいけません。

なぜなら、ここが破綻すると何を書いているかわからなくなり、結果良い記事が書けないからです。

どんなキーワードで書くか決めて、タイトルを決めて、見出しを決めて、しっかり書いていきましょう。

最後に

いかがでしょうか。

今回は、ブログに使える時間はどのくらいかという記事でした。

1.5~3時間くらいならほとんどの方がスケジュールをおさえられるでしょう。

逆にこのくらいの時間をおさえられないほど忙しいというのであれば、ブログをやめるか、他のことをやめるかした方が良いです。

ちなみに私はサラリーマンに向いていないので、正社員のときはどうしてもブログを続けることができませんでした。

フリーターになり、本業の負担を減らすことで、ブログを継続することができています。

もし、稼ぐことが目的なら、この方法はおすすめしませんが、何かを捨てないとできないということもあるということです。