WordPress vs SIRIUS【Web制作経験者が比較】

※この記事は「2020年10月21日」に更新しました。

今回は、WordPress(ワードプレス)と SIRIUS(シリウス)のどちらがおすすめかという話。

どちらもアフィリエイターに人気のサイト作成ツールです。

Web制作で静的なサイト(HTML)がメインで公開されていた時代、私は、仕事で Dreamweaver(ドリームウィーバー)を使っていました。

WordPress に関しては、現役で使っているので、その経験も踏まえて、比較しながら、解説していきます。

WordPress vs SIRIUS【徹底比較】

WordPress vs SIRIUS【徹底比較】

WordPress(ワードプレス)と SIRIUS(シリウス)のどちらがおすすめか?

結論を先に言うと、私は、WordPress をおすすめします。

一番の理由は、WordPress を勉強すると、色々なところで応用できるからです。



【比較1】費用(コスト)

まず、費用(コスト)の比較ですが、WordPress はツール自体は無料です。

SIRIUS は、通常版で 18,800円、上位版で 24,800円です。

ただ、SIRIUS に関しては、データベースを使わないので、少し安いレンタルサーバーを借りても公開することができます。

そこは、メリットです。

【比較2】使いやすいさ

使いやすいさの比較は主観もあるので、正直難しいのですが、Web制作初心者を想定すると、SIRIUS の方が使いやすいという方が多いと思います。

ただし、WordPress が使いにくいというわけではありません。

勉強することが WordPress の方が少し多いというだけの話です。

スキルが上がれば、WordPress がどれだけ凄いツールか理解できるかと思います。

【比較3】サポート

サポート面に関しては、SIRIUS は有料ということもあるので、メールサポートがあります。

WordPress は、無料なので、サポートはありません。

ただ、どちらもユーザー数が多いので、ほとんど自分で調べて解決できることが多いです。

SIRIUS(シリウス)は初心者向け

SIRIUS(シリウス)は、Web制作初心者向けです。

以下のような方におすすめです。

  • アフィリエイトで早く稼ぐ感覚を身に付けたい
  • WordPress を試してみたけど難しかった

収益化を安定させるには、WordPress が使えた方が良いのですが、SIRIUS の良いところは、キーワード特化型のサイト制作に向いているというところです。

アフィリエイトを利用して最短で稼ぐには、成果報酬型しかありません。

ロングテールキーワードの中には、稼ぎやすいテーマもあります。

実は、WordPress でもキーワード特化型のサイトは制作できるのですが、メインの使い方はブログです。

また、慣れたら問題ないのですが、WordPress は初心者にとって、どうしても時間がかかることが多いです。

コツコツやっていくのが苦手な方は、SIRIUS の方が良いかもしれません。

WordPress(ワードプレス)は幅広く使える

WordPress(ワードプレス)は、ブログのイメージがあるかもしれませんが、サイトを制作することも可能です。

できることが多く、知識もある程度必要ですが、応用しやすいです。

世界中の Webサイトの 30%以上が WordPress を使っていることを考えれば、納得していただけるかと思います。

もちろん、アフィリエイターにも人気のツールです。

ユーザー数が圧倒的に多いので、しっかり勉強していける方にはおすすめです。

パソコン初心者の方は最初覚えることが多いと感じるかもしれません。

しかし、副業で継続的に稼ぎたいと思っている方は、最終的に WordPress は使えた方が良いです。

有料テーマで初期設定やカスタマイズの時間を省くこともできます。

最後に

いかがでしょうか。

今回は、WordPress(ワードプレス)と SIRIUS(シリウス)のどちらがおすすめか、解説していきました。

今後のことを考えると、WordPress の学習は欠かせないと思っています。

ブログを制作するなら、WordPress は必須なので、どちらにしてもデータベースが使えるレンタルサーバーを借りることになります。

WordPress に関しては、ツール自体は無料なので、勉強してみて、どうしても理解できなかった場合は、SIRIUS を使ってみるのも良いかもしれません。