無料に価値はあるのか?【リスクを取らない人は得?】

※この記事は「2021年4月15日」に更新しました。

今回は、無料に価値はあるのかということについて。

無料というワードに弱い人もなかにはいるのではないでしょうか?

特に、インターネットは、無料の情報で溢れています。

そんな中でも、有料コンテンツは、存在します。

私もお金がなかった時代、必然的に無料を選ばざるを得ない経験をしてきました。

ある程度、余裕ができて、お金を使うようになると支払う価値というものに気付かされます。

それでは、解説していきます。

無料に価値はあるのか?

無料に価値はあるのか?

インターネットが普及し、無料でできることというのは爆発的に増えたように思います。

例えば、ブログも無料で作成することができますし、メールアドレスも無料で使うことができます。

しかし、本質を見ることだけは理解してください。

  • なぜ、無料で提供しているのか?
  • 提供者(相手)にメリットがあるのか?

無料、有料に関わらず、バランスが崩れるとサービスが終了したり、法律が変わったりします。

ただ、利用することで相手にメリットがあるのであれば、無料で利用する価値はあります。

お互いにメリットがあるのであれば、win-win の関係性が成り立ちます。

当たり前とか当然という考え方は捨てる

私は、当たり前とか当然という言葉が嫌いです。

そんな保証は、どこにも存在しません。

未来のことなんて誰にもわかりません。

20年以上前にスマホを持っている未来を誰が想像したでしょうか?

今までインターネットやパソコンを使ってこなかった方は新型コロナウイルス感染の影響で使わざるを得ない状況になることを想像していなかったと思います。

推測はできても、保証なんてものは存在しないのです。

  • みんな無料でやっているからお金を払わなくても良い
  • みんながお金を払っているから自分も払うべきだ

人間というのは良くも悪くも感情の動物です。

印象というものは誰もが持っていて、そこを否定するつもりはありません。

しかし、常識というものにとらわれると、自分で考えない人間になってしまいます。

以前、下記のような記事を書きました。

無駄とか意味がないとは?

無駄とか意味がない【口癖になっていませんか?】

2020年7月15日

こういうタイプの方と思考が似ていると思います。



リスクを取る価値を理解する

ほとんどの人は、リスクを取ることを嫌います。

私もそうです。

しかし、リスクを取る覚悟なしに大きなものを得ようとする考えは捨てるべきです。

  • 無料で、ノーリスクで得をしようとする
  • (自分で調べることをしないで)わからないことを質問して、相手の時間を奪う

このような行動をする人は、インターネットの世界ではやっていけません。

基本的には、奉仕の精神でやっていく方が成功しやすいと私は思っています。

それでも中には、人の時間を奪っても平気な人間が一定数いて、そういう人間がいるために法律や規則が変わっていることを理解していないということがあります。

インターネットが普及して便利になった面もありますが、逆に今まで企業しかできなかったことが自分たちでもできるようになったのです。

今がどういう時代かを把握し、何をすべきか自分で判断する必要があるということです。

以前、下記のような記事を書きました。

リスクを取る価値【負うべき?】

リスクを取る価値【負うべき?】

2020年7月10日

興味のある方は参考にどうぞ。

自分はリスクを取らず、他人や会社に期待しているような方は注意しましょう。

最後に

いかがでしょうか。

今回は、無料に価値はあるのかを解説しました。

別に無料のサービスや情報が悪いわけではありません。

しかし、何か意味があって、相手が提供していることを理解するようにしましょう。

せっかく利用するなら、提供者(相手)にとって得になるような行動を心掛けるべきです。

無料で利用していると当たり前とか当然という感覚が生まれやすくなります(感謝している人も中にはいるかと思いますが)。

金額にばかり着目してしまうと、結局何も得ることができなかったということにもなりかねません。

最終的に自分のためになることを積み重ねていきましょう。