【Python無料学習】Excel操作(応用編)

※この記事は「2020年9月11日」に更新しました。

無料で学習できる Python(パイソン)講座。

前回の続きで、Python を使って、Excel(エクセル)を操作していきます。

openpyxlモジュールを使っていきます。

Excel操作(基礎編)について

openpyxlモジュールのインストール、Excelファイルの読み込みなどに関しては、前回の記事で解説しています。

【Python無料講座】Excel操作(基礎編)

【Python無料学習】Excel操作(基礎編)

2020年8月15日

ワークブックからシートを取得する方法、セルを取得する方法も紹介しています。

詳しく知りたい方は参考にどうぞ。

Python で Excel を操作する方法

それでは、Python(パイソン)で Excel を操作する方法を紹介します。

前回の続きなので、openpyxlモジュールはインストールしている前提で解説していきます。

Excel文書を作成する

Excel文書を作成するには、以下のように書きます。

wb = openpyxl.Workbook()

新規に空の Workbook オブジェクトを生成します。



シート名を取得する

シート名を取得するには、以下のように書きます。

wb.sheetnames

シート名の変更

シート名を変更するには、以下のように書きます。

まずは、前回学習した方法でワークブックからシートを取得します。

sheet = wb['Sheet']

シート名を変更します。

sheet.title = 'herohero'

これでシート名が Sheet から herohero に変更されます。

シートを追加する

シートを追加するには、create_sheet メソッドを使います。

例えば、末尾に追加するには、以下のように書きます。

wb.create_sheet(title='hogehoge')

これで末尾に hogehoge というシートが追加されます。

次に herohero と hogehoge の間に hugahuga というシートを追加してみます。

wb.create_sheet(index=1, title='hugahuga')

最後に確認してみましょう。

wb.sheetnames

実行結果は以下の通りです(対話モード)。

シートを追加する

シートを削除する

シートを削除するには、以下のように書きます。

wb.remove(wb['シート名'])

セルに値を書き込む

セルに値を書き込むには、以下のように書きます。

sheet['書き込むセル'] = 値

Excel文書を保存する

Excel文書を保存するには、以下のように書きます。

wb.save('ファイル名.xlsx')

サンプルプログラム

Python(パイソン)で Excel(エクセル)を操作するサンプルプログラムです。

対話モードで試していきます。

import openpyxl

wb = openpyxl.Workbook()

sheet = wb['Sheet']

sheet['B2'] = 'Good morning!'
sheet['B3'] = 'Hello!'
sheet['B4'] = 'Good evening!'

wb.save('sample.xlsx')

実行結果は以下の通りです。

サンプルプログラム

そして、完成した sample.xlsx は以下の通りです。

サンプルプログラム

最後に

いかがでしょうか。

今回は、Python(パイソン)で Excel(エクセル)を操作する方法を解説しました。

前回の基礎編も含めれば、データの読み取りから書き込みまで色々できるかと思います。

あとは、アイデア次第なので、もし Excel を使う機会があれば、試してみると良いかと思います。