Python開発環境構築【初心者でも簡単】

※この記事は「2021年5月20日」に更新しました。

今回は、Python(パイソン)開発環境構築について。

開発環境と聞くと難しく感じるかもしれませんが、初心者でも簡単です。

特に Python の場合、公式サイトからインストールすれば、他のプログラミング言語と違って、学習に必要な最低限のものは揃っています。

ちなみに私の環境は、Windows 10(64bit)なので、実際にインストールして解説していきます。

同じ環境の方は参考にしていただけると幸いです。

Python開発環境構築【Windows】

それでは、Python(パイソン)の開発環境を構築していきます。

Python をダウンロード

まずは、公式サイトから Python をダウンロードします。

Python 公式サイト
https://www.python.org/

Windows 10(64bit)なので、Downloads から Windows をクリックします。

Windows x86-64 が Windows(64bit)用なので、そこから選んでいきます。

Windows(32bit)を使っている方は、Windows x86 を選びます。

Python開発環境構築

ちなみに executable installer と web-based installer というのがあります。

executable installer
インターネットにアクセスできないパソコン用のインストーラ
web-based installer
起動時に必要なファイルをダウンロードしながらインストールする

インターネットに接続できる環境なら、どちらを選んでも問題ありません。



Python をインストール

先程、ダウンロードしたパッケージを使って、Python をインストールします。

インストーラを起動すると、下記のような画面が表示されます。

Pythonをインストール

Add Python 〇〇 to PATH にチェックを入れておくとインストールと同時に PATH を自動で追加してくれます。

あとは Install Now をクリックして進めていけば問題ないはずです。

Python を使ってみる【動作確認】

それでは、動作確認ついでに Python(パイソン)を使ってみましょう。

まずは、コマンドプロンプト(もしくは PowerShell)を起動します。

起動したら、下記のコマンドを実行します。

python

Python インタプリタが起動するので、試しに簡単なプログラムを試してみましょう。

print('Hello World!')

実行結果は、以下の通りです。

Python動作確認

ちなみに Python のバージョンが 3.7.2 なのは、以前インストールしたパソコンで実行しているためです。

新しいバージョンでも同じような画面になるかと思います。

Python インタプリタを終了させるには、以下のコマンドを実行します。

exit()

あとは、コマンドプロンプトも終了させましょう。

最後に

いかがでしょうか。

今回は、Python(パイソン)開発環境構築を紹介しました。

これで Python が使えるようになりました。

プログラミングは楽しいです。

初心者でも簡単なので、色々遊びながら勉強していきましょう。