ロリポップの評判【ハイスピードプランで高速化】

※この記事は「2021年3月24日」に更新しました。

今回は、ロリポップの評判について。

ハイスピードプランの登場で、以前よりも幅広いユーザーのニーズに対応した、老舗サーバーです。

実は、私がプライベートで初めて契約したレンタルサーバーがここだったりします。

コスパが良いので、なるべくサーバー代を抑えたいという方にもおすすめです。

ロリポップの評判

レンタルサーバー

ロリポップの評判を紹介していきます。

マニュアルが豊富

昔、ロリポップは、電話サポートがありませんでした。

しかし、マニュアルが豊富に整備されています。

現在は、スタンダードプランから、電話サポートが使えますが、私は一度も使ったことがありません。

大抵のことは調べれば、わかるようになっています。

それだけ、わかりやすいということです。

業界大手が提供する安心感

ロリポップは、運営しているところが GMOペパボ株式会社という業界大手なので、安心感があります。

別に小さな会社が悪いというわけではありませんが、倒産することも珍しいことではありません。

そうなると、他社サーバーの選定やブログの移設作業をあわただしく行う必要があります。

コスパが良い

ロリポップは非常にコスパが良い、レンタルサーバーです。

スタンダードプランなら、月額550円(6ヶ月契約から)で使えます。

このプランは、マルチドメイン 200個、データベース 50個、WordPress(ワードプレス)も一応使えます。

ちなみに 36ヶ月契約をすれば、ハイスピードプランが月額550円で使えます。

長期で考えている方は、このプランが断然おすすめです。

独自ドメインの設定が簡単

ロリポップを運営している GMOペパボ株式会社は、ムームードメインも運営しています。

ムームードメインは独自ドメインを取得することができるサービスです。

ここで独自ドメインを取得すれば、設定がとても簡単です。

ハイスピードプランで高速化




2019年9月から速さと安定性を追求したハイスピードプランが誕生しました。

サーバーのストレージが SSD になり、Webサーバーも Apache から LiteSpeed になりました。

今までは、スタンダードプランとエンタープライズプランの間に個人向けの良いプランがなかったのですが、見事期待に応えてくれました。

ハイスピードプランを選べば、WordPress(ワードプレス)を高速化できます。

正直、スタンダードプランだと、WordPress でブログを運用するには、スピードに不安があります。

ハイスピードプランは、長期契約をするとお得に使えるプランです。

例えば、6ヶ月契約だと月額 825円ですが、36ヶ月契約だと月額 550円となり、スタンダードプランと同じ価格で借りれるようになります。

マルチドメイン、データベース共に無制限で使えます。

更に自動バックアップも無料で提供しています(復元は有料)。

サーバー関連の仕様

サーバー関連の仕様です。

機能 仕様
OS Linux(CentOS)
サーバーの種類 共用サーバー
サーバーのソフト Apache(ハイスピードプランは、LiteSpeed)
RAID構成 RAID10(ハイスピードプランは、RAID50)
文字コード UTF-8
cron設定 利用可能
SSH スタンダードプラン以上で利用可能
無料独自SSL 利用可能
mod_rewrite 利用可能
.htaccess 利用可能
転送量の目安 エコノミー:50GB/日
ライト:100GB/日
スタンダード:200GB/日
ハイスピード:600GB/日
エンタープライズ:800GB/日

Twitter(ツイッター)の評判

Twitter(ツイッター)の評判です。

最後に

いかがでしょうか。

WordPress(ワードプレス)でブログを運用するなら、おすすめは、ハイスピードプランです。

スピードが速いレンタルサーバーを選ぶことは、SEO の観点からも重要なことです。

データベースを使わない、静的なサイトを運用するのであれば、スタンダードプランでも良いかもしれません。