情報発信をするメリット【インターネット最強説】

※この記事は「2020年12月5日」に更新しました。

今回は、インターネットで情報発信するメリットについて。

昔は、情報メディアと言えば、新聞・雑誌・テレビが代表的なものでした。

しかし、最近はインターネットを利用すれば、誰でも簡単に情報発信できる時代になりました。

ブログ、YouTube、Twitter、FaceBook など、手段は様々です。

個人で情報発信をするメリットについて注目していきます。

インターネットで情報発信をするメリット

情報発信をするメリット

私は、今の時代、情報発信をしない理由はないと考えています。

なぜなら、以下のようなメリットがあるからです。

  • 手軽にアウトプットすることができる
  • 自分のことを知ってもらう機会ができる
  • コストがほとんど発生しない

順番に解説していきます。



手軽にアウトプットすることができる

まず、手軽にアウトプットすることができるのが大きなメリットです。

勉強したり、本を読んだり、資格を取得したり、インプットする機会というのは意外と多いものです。

しかし、アウトプットする機会というのは、意外と少なかったりします。

人間はアウトプットしないと忘れていきます。

自分の勉強にもなり、メディア自身が自伝のようなものになるので、後に見直すことも可能です。

自分のことを知ってもらう機会ができる

自分のことを知ってもらう機会ができるのもメリットです。

その結果、同じような属性の方が集まり、ファンを増やすことができます。

ありのままを発信すれば、自然と同じような人が集まるので、相性の合う人に見てもらうことができます。

コストがほとんど発生しない

コストがほとんど発生しないのも大きなメリットです。

YouTube、Twitter、Facebook に関しては、無料です。

ブログは、WordPress(ワードプレス)を使う場合でも、レンタルサーバー代と独自ドメイン代くらいです。

毎月1,000円くらいから始めることができます。

インターネット最強説

現時点でインターネットは最強のインフラです。

簡単に世界中の人に情報を発信することができます。

何よりも自分が語らずとも、書いた記事が語ってくれるので、収益化できれば、資産収入に近いものが発生するのも大きなメリットです。

もちろん、実店舗で買う気のあるお客様に販売するのはそこまで難しいことではありません。

そして、コミュニケーションを取ることで、より正確なニーズを聞き出すことができるのも魅力ではあります。

しかし、ネットショップのように、低コストでスタートさせることはできません。

人件費はもちろん、設備費や光熱費もネットとは比較にならないほど発生します。

ネットオークションに関しても、意外なものが簡単に売れるのは、全国的に簡単に発信できるところにあります。

最後に【情報発信をするメリット】

いかがでしょうか。

今回は、情報発信をするメリットを解説しました。

個人にしても、企業にしても、インターネットを活用できない場合、非常に不利な立場にたたされるというのが現状です。

インターネットが世の中に与えてきた影響は私たちが思っている以上に大きなものなのです。