ブログとサイトの違い【どちらが稼げる?】

※この記事は「2020年8月6日」に更新しました。

今回は、ブログとサイトの違いについて。

WordPress(ワードプレス)を使うようになってから、違いがあいまいになっている方もいるかもしれません。

ブログでもサイトでも、アフィリエイトを使って稼ぐことはできますが、それぞれ得意なスタイルというものがあります。

どちらが稼げるかについても解説していきたいと思います。

ブログとサイトの違い

ブログとサイトの違い

それでは、ブログとサイトの違いについて、解説します。

まず、ブログは、記事が時系列に流れていくのが特徴です。

頻繁に更新できるので、コンテンツはどんどん増えていきます。

ブランディングを意識したものが多く、キーワードというよりは、作者のファンを増やしていくイメージが近いかもしれません。

アフィリエイトの手法は色々ありますが、テーマを絞るにしても、幅広い記事を書くことが多いので、Googleアドセンスと相性が多いです。

アクセスがある程度あれば、広告を頻繁にメンテナンスしなくても、収益は上がっていきます。

時には、成果報酬型アフィリエイトで稼ぐこともあります。

サイトは、ある程度、整理された情報を見せるという特徴があります。

ブログよりもキーワードに特化したイメージです。

個人的な意見ですが、成果報酬型アフィリエイトで稼ぐ感覚を身に付けたい方はおすすめです。

トライアンドエラー(試行錯誤)もしやすいので、ブルーオーシャン(競合が少なく稼ぎやすいテーマ)を発見しやすいです。



ブログとサイト、どちらが稼げる?

果たして、ブログとサイト、どちらが稼げるのでしょうか?

結論を言うとそれぞれメリットがあって、どちらも稼ぐことはできます。

しかし、短期戦で稼ぎやすいのは、サイトアフィリエイトです。

キーワードを絞って、サイト制作を行うので、成果報酬型アフィリエイトと相性が良いです。

成果報酬型アフィリエイトの良いところは、アクセスが少なくても、ライティング能力次第で稼げるというところです。

ブログに関しては、アクセスの増やし方が本当に人それぞれです。

例えば、Twitter ですでにフォロワーがたくさんいるような方は、すぐに Googleアドセンスである程度収益化できたりします。

集客ができていない状態から始める場合、ブログアフィリエイトは、収益化に時間がかかることがほとんどです。

しかし、ファンを作ってしまえば、長く稼ぎやすい媒体になる可能性を秘めています。

サイトアフィリエイトはキーワードに依存することが多いので、ASP案件が終了したり、キーワード需要の増減で収益が不安定になるという危険性もあります。

最後に

いかがでしょうか。

今回は、ブログとサイトの違いについて、解説しました。

インターネットの集客に興味のある方はどちらもやってみることをおすすめします。

自分なりに試行錯誤してアクセスが増えるとうれしいものです。

サイトに関しても、ブログに関しても、レンタルサーバーを借りて、独自ドメインさえ取得すれば、いくらでも失敗できます。

実店舗だとあり得ないことです。

この記事を読んで、インターネットで何かを発信することに興味を持っていただけると幸いです。